PCスペックは関係ない!PoS通貨全般のマイニング方法

edindin
本日は、PCスペックに関係なく報酬が貰える「Proof of Stake」(以下PoS)を採用した通貨のマイニング(PoSではステーキングと言う)について解説します。

PoSの年利と基本

PoSって何?儲かるの?年利?という方は下記の記事を読んで頂ければと思います。

1000円から始める「年利100%~10000%」を誇るPoS通貨の世界

2017.09.25
今回はvulcanoを例に解説させて頂きますが、基本的にどの通貨も同じ方法でマイニング(ステーキング)可能です。

PoSマイニングの基本は

PCに落としたウォレットへ送金し、PCをネットに繋げた状態で放置

となります。パソコンのスペックは一切関係ないので、ノートPCなどでも大丈夫です。

Proof of Stake(PoS)通貨のマイニング(ステーキング)方法

SPONSORED LINK

①デスクトップウォレットのダウンロード

公式サイト、又はアナウンスページよりウォレットソフトをダウンロード

edindin
下記の高利率PoS一覧から公式サイトに飛べばダウンロードできます。

年利が高利率なPoS通貨一覧表

2017.10.01

SPONSORED LINK

②ウォレットの設定

インストール後、ウォレットがネットワークとの同期が完了するのを待ちます。しかし、この際にマイナーなコインだと画像のようにうまく同期できないため、同期先のコンピュータ情報をウォレットに設定する必要があります。

Windows + R キーを押して、ファイル名を指定して実行にて「%appdata%」と入力します。

通貨名のフォルダーを探して、その中に「通貨名.conf」ファイルを作ります。(通貨名に悩んだ場合は、おそらくフォルダ名と同じ名前で問題なし)

次に、作成した「通貨名.conf」をメモ帳で開き、アナウンスページ等で書かれている「addnode=IPアドレス」をコピペして保存します。

通貨ごとに追加するアドレスは異なりますので、注意しましょう。「通貨名 addnode」で検索すれば出てくるかと思います。


SPONSORED LINK

③取引所からウォレットへ送金

取引所で通貨を購入後、自身のウォレットへ送金。送信先のアドレスはウォレットの「コインを受け取る」から取得できます。

お金の着金後、ネットワークの同期が完了したら自動的にマイニングが開始されます。

下記の用に「ハンマーマークがカラー」になっていればマイニングが始まっています。

それでは、良いPoSマイニングライフとなることをお祈りしています。

以上、よろしくお願いいたします。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です