【AirDrop】儲かるAirDropへ参加するための3つの鉄則

SPONSORED LINK

edindin

いつもお世話になっております。
AirDrop(エアドロップ)がかなり増えており、混沌としてきましたので儲かるAirDrop案件の見分け方の記事を書きました。

①NoICO型のAirDropへ参加しろ!

先日の記事でも言及しましたが、基本的にはAirDrop(エアドロップ)がICOのエサとして使われるプロジェクトはダメ。

【AirDrop】ICOの宣伝のエアドロップではなく、配布のエアドロップに参加しよう

2017.10.06

もらえる量が僅かですし、AirDropされる通貨は「分散化」されるのが最大のメリットなので、ICOを実施したら相当な条件がない限り「分散化」というメリットが死んでしまいます。

適切に分散される程、上場後に「もっと沢山欲しい人」「タダで貰ったものだから現金化したい人」の間で多くの取引がされる傾向があります。

現在だと、下記のプロジェクトがNoICO型に近い配布を行っています。

詳細に関しては近日中に、高利率PoSの記事のように表でまとめる予定です。

年利が高利率なPoS通貨一覧表

2017.10.01

海外ではこんなまとめサイトもありますので、参考にされると良いかと思います。

SPONSORED LINK

②プロジェクトの内容なんてどうでもいい!名前で選べ!

あくまで投機にフォーカスした話ですが、誰もプロジェクトの内容なんて見てないです。そのため

人様の褌で相撲を取る通貨が暴騰しやすい!

まさに投機、まさにギャンブル。しかし元手がタダだから損はしない。例としてはこのEBTCというトークン

イーサリアム(Ethereum)上に、2100万枚というBTCと同じ発行枚数のトークンが発行されます。以上です。ちなみにソースコードはまだ公開されていないようです。しかし、もう既にイーサデルタに上場しており

1枚40円相当の価格で取引されています。2500枚程貰ったので10万円をタダで貰ったことになります。

公式ポエムとしては

  • イーサリアムの特徴も持っててビットコインの上位互換だぜ!
  • ビットコインなのにこっちはスマコンも載せれるぜ!

などの妄言が書かれていたりしますが、実際はただビットコインの冠を模しただけの使い道の無いトークンです。

この記事を執筆中ですら既にこの波に乗ろうと、亡者たちが下記の様なゴミトークンを絶賛生成中です。

先に言っておくと、これらは全てスキャムです。(もちろんeBTCも)しかし、AirDropに参加して無料でトークンを貰えば

自身が購入しない限り儲かるスキャム

ということになります。「そんなもの紹介するな!」と怒られそうですが、教えても教えなくても上場されればババを掴まされる人が出ますので紹介しました。

AirDrop(エアドロップ)で貰ってもいいですが、購入は本当にやめておきましょう。

SPONSORED LINK

③BitcoinTalkのレベルを上げよう!

BitcoinTalkを知らない方はこちらの記事をどうぞ

【最速の情報源】「BitcoinTalk」の登録、メリット、ランク上げ、新規通貨の探し方

2017.09.21

AirDropの参加条件はその多くがBitcoinTalkのランクが含まれており、配布量もランクに比例しています。

何故そんな古参に有利なことをしているかというと

  • 一人が複数アカウントでの申請を回避するため
  • 優良なユーザー、つまりはコミュニティに多く貢献している人物に多くの報酬を与えるため

というのが大きな理由です。

このランクは短期間でランクアップできないシステムとなっており、継続的なコミュニティへの貢献を求められます。

いざ、参加しようとしてもAirdropの告知がされた後に登録・書き込みをしても間に合うことはほぼ皆無です。

未来のAirdropに参加するためには、今からBitcoinTalkへの参加が必要なのです。

SPONSORED LINK

結論

edindin
鉄則を守って時間の無駄にならないプロジェクトに参加しろ!

今は出てくるAirDropプロジェクトはICOの宣伝のものばかりですが

これらの中から本当に参加する価値のあるプロジェクトを選別できるようになりましょう。

以上、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です