MetaMask(メタマスク)の使い方!登録から送金方法までを解説

sponsoredlink

イーサリアム(EHT)を利用したDappsゲームを遊ぶために欠かせないのが、ウォレットの「MetaMask(メタマスク)」です。

そのMetaMaskのインストールや入出金、アカウントの復元方法などをスクリーンショットを用いて、ていねいに解説します。

MetaMaskとは、WEBブラウザGoogle Chrome(グーグル クローム)の拡張機能として利用できるウォレットです。
拡張機能のため、MyEtherWalletなど他のオンラインウォレットと比較すると、軽くてサクサク動くのでとても使いやすいです!
使い方もシンプルなので、他のウォレットを使ったことがない人でもかんたんに使うことができます。

またDappsのオンラインゲームで遊ぶ時だけではなく、ICOに参加するときにも使用することがあるので、MetaMaskを使えるようになっておくと便利です。

MetaMaskのインストールと設定方法

MetaMaskはFireFoxやOperaでも利用することができますが、よく利用されているGoogle Chromeでの使用方法を今回は解説します。

MetaMaskのインストール

MetaMaskをインストールするためには、まずGoogleChromeを開きます。GoogleChromeとは、Googleが作っている無料のインターネットブラウザです。まだChromeをお持ちでない方は、こちらからインストールできます。

次にMetaMask(メタマスク)の公式サイトにアクセスします。

公式サイトを開いたら「GET CHROME EXTENSION」をクリック。
すると、Chromeストアに移動します。

Chromeストアが開いたら、「ADD TO CHROME」をクリック。

すると『「MetaMask」を追加しますか?』と聞かれるので、「拡張機能を追加」をクリックします。


MetaMaskの設定


ダウンロードが完了すると、Chromeの右上にキツネのアイコンがでてくるので、そちらをクリックします。


利用規約が表示されるので一番下までスクロールします。
すると「Accept」ボタンがオレンジ色になるので、「Accept」をクリックします。



次にパスワードを設定します。
自分で8文字以上のパスワードを決めて、同じパスワードを2回入力します。
入力が完了したら、「CREATE」をクリック。

するとSeed Words(シードワーズ)という、パスワードを紛失した時にウォレットを復元するために必要な12個の英単語が表示されます。
Seed Wordsは非常に重要なのでメモして保存しておきます。

「SAVE SEED WORDS AS FILE」をクリックすると、Seed Wordsが記載されたファイルをダウンロードすることもできます。

ウォレットの名前を決める

設定が完了したらアカウント名をつけましょう。
矢印の「edit」部分をクリックするとアカウントの名前を変更することができます。

MetaMask内には複数のアカウントを作成することができます。そのため、もし複数のアカウントを利用する場合は、利用に応じたわかりやすい名前をつけておくと良いでしょう。

MetaMaskの使い方(入出金方法)

それでは実際にMetaMaskを使用して、入金・出金する方法を説明します。

入金方法

まずはChromeを開いて、MetaMaskのアイコンをクリックします。

ポップアップで開いた画面の「・・・」の部分をクリック。

以下の画面が表示されるので、「Copy Address to clipboard」をクリックします。
するとアドレスをコピーすることができます。

他のウォレットや取引所から送金する際にこのアドレスを指定することで、MetaMaskにイーサリアムを入金することができます。

出金(送金)方法

MetaMaskから他の取引所やウォレットに送金する方法を説明します。

まずMetaMaskを開いて、「SEND」ボタンをクリックします。

すると送信画面が表示されるので、送金先のアドレスと送金額を入力して「NEXT」を押して、手続きを進めると送金することができます。

Dappsゲームに送金する際にも、ゲームのアカウントのアドレスをここに貼り付けて手続きをすれば、送金することができます。

送金状況の確認方法

送金手続きが無事に完了しているのか心配になることもあるでしょう。そのような時は、以下の方法で取引状況を確認することができます。

まずMetaMaskを開いて画面右上の「・・・」マークをクリックし、「View account on Etherscan」をクリックします。

 

すると「Etherscan」が開きます。Etherscanでは、送金したイーサリアムのトランザクション(取引)がどうなっているかを確認することができます。
送金に時間がかかっている場合などに状況を確認すると良いでしょう。

トークンの入出金について

次に、MetaMaskでのトークンの入出金について説明します。
MetaMaskではイーサリアム以外にも、イーサリアムベースのトークンを管理することが可能です。

ここでは、MetaMaskでイーサリアムベースのトークンを管理する方法を解説します。

トークンの表示設定

設定をしないと、イーサリアムのみしかMetaMask上では表示されません。
イーサリアムベースのトークンを、MetaMask上で見られるようにするためには以下の設定が必要です。

まずMetaMaskを開き、「TOKENS」というタブを選択して「ADD TOKEN」をクリックします。

ここに表示された、

  • Token Contract Address
  • Token Symbol
  • Decimals of Precision

の3項目を入力します。
これらのトークンの情報は「Etherscan」のサイトで調べることができます。

Etherscanを開いたら画面右上にある検索ボックスに追加したいトークンの名称を入力して検索します。

するとトークンの詳細情報が表示されます。
その中に先ほどの「Token Contract Address」「Token Symbol」「Decimals of Precision」の情報も記載されています。

これらの情報を先ほどのMetaMaskの画面に入力し、「Add」をクリックすると追加したトークンを見られるようになります。

トークンの受取方法

イーサリアムウォレットは、一つのアドレスでイーサリアムベースのトークンと、イーサリアムを自動で振り分けて管理する仕組みを取っています。

そのためイーサリアムベースのトークンのアドレスと、イーサリアムのアドレスは同じになります。イーサリアムを入金するときに使用したアドレス宛に、トークンを送金すれば送金手続きを行うことができます。

MetaMaskからはトークンの送金はできない

MetaMaskでは、トークンを確認したり受け取る(入金する)ことは可能ですが、出金(送金)することはできません。MetaMaskのイーサリアムベースのトークンを送金したい場合は、「MyEtherWallet」などを利用して送金しましょう。

sponsoredlink

各種設定・秘密鍵の確認方法

MetaMaskの設定方法や、秘密鍵を確認する方法をご紹介します。

設定の確認と変更方法

MetaMaskの設定を確認・変更する手順を解説します。

まずMetaMaskを開いて、画面右上の三本線をクリックします。

表示された「Settings」選択します。

ここで様々な設定をすることができます。

秘密鍵の確認方法

ウォレットの秘密鍵を確認するためには、MetaMaskを開いて三本線をクリックし、「Export Private Key」を選択します。

パスワードの入力を求められるので、登録時に設定したパスワードを入力して「Submit」をクリックします。すると秘密鍵が表示されます。

ウォレットを復元する

パスワードを忘れてしまった場合でも、ウォレットを復元することができます。その場合、MetaMask登録時に保管しておいた「SeedWords」が必要です。

以下の手続でアカウントを復元することができます。

まずMetaMaskを開きます。次に「Restore from seed phrase」をクリックします。

MetaMask登録時に記録しておいた「Seed Words」を入力します。

新しいパスワードを入力して、「OK」をクリックします。
これでアカウントの復元は完了です。

sponsoredlink

アカウントの追加と削除

MetaMaskでは複数のアカウントを管理することができます。ここではアカウントを追加・削除する方法を解説します。

アカウントの追加方法

まずMetaMaskを開いて、画面右上の人間のマークをクリックします。
表示されたメニューバーの中にある「Create Account」を選択します。
これでアカウントを追加することができました。

アカウントの削除方法

MetaMaskでは、アカウントを直接削除することはできません。
そのため一度全てのアカウントが表示されない状態を作り、その後に必要なアカウントのみを復元するという操作を行います。

手順は以下のとおりです。

まずMetaMaskを開いた状態で、画面右上の三本線をクリックします。

「Log Out」を選択してログアウトします。


ログイン画面が開いたら「Restore from seed phrase」をクリック。


MetaMask登録時にメモしておいた、Seed Wordsを入力して、パスワードを設定します。
ここで設定するパスワードは、以前使用していたパスワードと同じもので問題ありません。パスワードを忘れたり紛失したわけではなく、一部のアカウントを消すために復元作業をしているためです。


復元した状態では「Account1」のみ存在しています。

そのため必要なアカウントのみインポートします。これで必要なアカウントのみが残ります。

既存ウォレットの登録方法

MetaMaskでは、既に持っている「MyEtherWallet」などのオンラインウォレットを登録することができます。登録方法は以下の通りです。

まずMetaMaskを開いて、画面右上の人のアイコンをクリックして「Import Account」を選択します。

“SELECT TYPE”の選択肢の項目で「Private Key」(秘密鍵)、または「JSON File」を選択します。

「Private Key」を選択した場合は、インポートするウォレットの秘密鍵を入力して「IMPORT」をクリックします。これでオンラインウォレットを登録することができます。

スマホではAndroidのみ使用可能

MetaMaskはスマートフォンでは、AndroidでFirefoxを利用した場合のみ使用可能です。
iPhoneなどのiOSからは使用できません。Androidでは以下の手順で使うことができます。

  1. Androidで「FireFox」をインストールする
  2. 「Firefox」でMetaMaskの公式サイトを開いて、MetaMaskのアドオンをFirefoxにインストールする
  3. FirefoxにインストールしたMetaMaskアドオンを開いてMetaMaskを使用する

利用方法はパソコン版と基本的に同じになります。

まとめ

Dappsゲームをするために、インストール必須のMetaMask
一度、MetaMaskをインストールして使えるようにしておけば、様々なイーサリアムを利用したゲームで使うことができます。

Chromeの拡張機能なのでインストールも簡単で、インターフェイスもシンプルでとても使いやすいです。また、仮想通貨のICOに参加する際にも使用することがあるので、登録しておいて損はありません。

かんたんに使えるので是非、MetaMaskをインストールして使ってみて下さい!

sponsoredlink


手数料が無料!安心大手のGMOコイン




GMOコイン 高機能アプリで!

初心者におすすめ取引所
安心大手のGMOコイン