【情報収集】Slack、Discord、Telegramをまとめる便利ツール「Franz」の紹介

sponsoredlink

edindin

いつもお世話になっております。

本日は、仮想通貨の情報収集ツールである「Slack」「Discord」「Telegram」をまとめて管理できる「Franz」を紹介します。

仮想通貨は開発者からインサイダー情報が手に入る

ちなみに、仮想通貨のインサイダー取引には全く違法性はありません。

そのため公式サイトやアナウンスページにあるチャットにはとりあえず入っておく、という方も多いのでは?

実際、DiscordやSlack、Telegramでは下記のような情報が最速で手に入ります。

  • 上場予定の取引所の情報
  • 現在開発中のウォレットの画面
  • プロダクトの開発状況
  • コミュニティの活発さ

公式ツイッター、公式WEBサイトなどはこういったチャットツールで出てくる情報よりも遅い場合が多く、コミュニティの活発さも確認するためにも導入は必須です。

sponsoredlink

複数のチャットツールを管理するのは大変!

中でもSlackは端末毎に全てを新しく設定しなくてはいけないため、「会社PC」「自宅デスクトップ」「ノートPC」「スマホ」と利用している私は新しく通貨を調べる時に、この4台に毎回設定しなくてはなりませんでした・・・

しかし、アラタさんがこの「Franz」を紹介していて、とても通貨探しが捗りましたので是非皆さんにも使ってもらってみたいです。

Franzを導入するとこうなる

草コインの情報をコミュニティで取得していると、かなりの数のチャットに参加しなくてはならないため、事実上必須と言っても過言ではありません。

sponsoredlink

Franzを入手する

Franzのアカウントを作成

「無料アカウントを作成」をクリックしてアカウント作成画面へ移動します。

必須事項を入力して「アカウントの作成」をクリックして作成完了です。

Slack等は他のパソコンで起動した際は、複数のワークスペースに入っていた場合は全てを手作業で入り直さなくてはなりません。

しかし、FranzでSlackを利用する場合は、Franzアカウントにワークスペース情報が紐づくため、どのPCで起動してもいつものワークスペースが利用可能です。

Franzへのサービスの追加方法

サービス追加のための「+」ボタンをクリックして、サービス選択画面から追加したいサービスを選択します。

追加したいサービスをクリックします。

「サービスの保存」をクリックすることで画面左のタブにサービスが追加されます。

結論

edindin
複数端末でチャットソフトを導入している。又は、草コインが好きで多くのチャットに参加される方は管理が非常に楽になりますので、とてもオススメです。

以上、よろしくお願いいたします。

sponsoredlink

ビットコインを買うならCMで有名なコインチェック


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者におすすめの取引所
コインチェック