値上がりしやすい通貨とは何か、について考える

f:id:edindin:20170601214136p:plainf:id:edindin:20170605212414p:plain

買った通貨が値上がりしてくれないと金にならない、では値上がりする通貨とはどういったものなのか考える。

 

現在、実際に需要があり決済手段がある通貨というのは、ビットコインくらいしか存在していない。 

 

それでも、fiat(国際通貨)と比較するとほとんど決済には利用されていない。

  つまり、ほぼ投機としての価値が全てであるということになる。

 

 以上を前提に考察をします。

 

仮想通貨のゴールとはなんだろうか? 

 

f:id:edindin:20170605212552p:plain

仮想通貨の最終的に目指す立ち位置というのは「どの国家に在住していても所属国家の発行通貨と同レベルの決済手段、そして信頼性がある」といったところになるだろうか。長いや。

 

言ってしまえば、現在の国際通貨と対等の存在になることである。

(仮想通貨のほうが国際通貨と比べて優れてるんだからすぐに淘汰する!

という方もいるかもしれませんが、抑えてください。) 

 

では、そのゴールに向けてどういうプロセスで発展するのだろうか?

 

f:id:edindin:20170605212840p:plain

大まかな流れとしては

  1. スタートアップ資金の調達(俗に言うICO
  2. 一般投資家たちへの認知・信頼の獲得
  3. 採用企業による決済手段の普及
  4. 一般の人々への普及

といった感じだろうか。

 

この辺りで本題の「どういった通貨が値上がりするのか」に入る。

(頭が悪いと話が長くなる傾向があるとかないとか)

 

上記のプロセスから考えるに、「一般の人々が使いやすい・使いたくなる通貨」が最も値上がりしやすいと考える。

 

一般の人々に普及しそうな通貨は、企業が決済手段を用意する。

決済手段が多ければ普及しやすいと投資家は考える。

通貨に投資され通貨の価値が上がる。

 

 

ケツ論

f:id:edindin:20170608002613p:plain

「投資家のあなたが将来使いたくなる通貨」を買うのがいいでしょう。

 

あなたが使いたくなると感じるならば、きっと他にも共感し、使いたいと感じている人はいるでしょう。

実際に需要が想像できるならばきっとその通貨は日の目を見る時が来ると思います。

 

ちなみに私はPCゲーマーだからGameCreditsを買ったら3倍になりました!(自慢)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です