Ripple(XRP)が普及すると一般人は「借金のリスクなく、安く買え、利益が上がる」

sponsoredlink

f:id:edindin:20170601214136p:plainf:id:edindin:20170628224519p:plain

Ripple(XRP)が銀行で使われるという方面の話が多いので、「みんながリップラーになる」と、どういう部分で「お得」になるのかについて記事にしました。

 Ripple(XRP)はクレジットカードの上位互換になる?

f:id:edindin:20170610170830p:plain

一般人がRipple(XRP)の普及によって、消費者が受ける恩恵として「クレジットカードより安く買える」可能性があります。

もし、あなたが経営者なら「クレジットカードの手数料分の利益が向上」します。

しかも年商が1億円なら「1000万円近く利益が増える」可能性があります。

Ripple(XRP)はクレジットカードの上位互換になる?

f:id:edindin:20170628230932p:plain

クレジットカードは「商品(サービス)を販売する側」にとって負担であるということは知っていますか?

店舗はカード決済されるたびに、1%~10%程度の手数料をカード会社に支払う仕組みになっています。

100万円の決済をされると、店舗側は最大10万円取られるわけですね。

ちなみにXRPだと価格に関係なく、1回の手数料は0.00003円になります。あと4秒で届きます。(やばい)

ちなみに、クレジットカード決済は消費者には負担がないように見えます。

しかし実は「手数料をクレジット決済する顧客に負担させているお店」というのは結構あります。(もちろんカード会社との規約違反)

Ripple(XRP)決済が普及すると借金のリスクが無くなる

f:id:edindin:20170628233730p:plain

XRPによる決済が4秒というのを聞いて「別にクレジットカードも一瞬じゃん」と思った方がいるのではないでしょうか?

実はその解釈は間違っており、クレジットカード利用者は「一時的にカード会社に借金をし、月末に返済している」のです。

そして、その借金をカード会社が回収できなかった場合のリスク」として店舗から手数料を取っています。利用者も支払いできなくて不幸になる事があるでしょう。

XRPの決済ではこのリスクが存在しません。

だから手数料もほとんど発生しません。

XRPの決済は利用者から店舗への「お金の移動」なんですね。

じゃあデビットカードは?

f:id:edindin:20170628235124p:plain

最近CMでも「使った額がすぐに分かる♡」とやっているデビットカード。

あれは嘘はついていないですが、誤解する人が多い表現だと思います。

だってデビットカードは残高が無くても決済できますからね。

残高以上に買い物をすると、不足分を口座に入金するように催促状が来ます。

もちろん、そのまま無視すると晴れてブラックリスト入りです。

デビットカードは単に設定した残高の数値が決済後に変わるだけで、お金が動いているわけではありません。

結論

f:id:edindin:20170624170026p:plain

一般人にとってRipple(XRP)の普及は基本的にメリットしかありません。

インフラが整えば、インターネットの光回線のように利用者はどんどん乗り換えるでしょう。

銀行関連の難しい話がRipple(XRP)界隈では多いです。

しかし、一般に普及すれば「クレジットカードを使う社会よりも、お得で便利な世の中」になります。

そして、社会に普及すればRipple(XRP)の価格はそれにともなって上昇するでしょう

  1. 便利なものは普及する
  2. 仮想通貨は普及すると価値が上がる
  3. つまり、Ripple(XRP)は価格が上がる

私はこう考えております。Ripple(XRP)でより便利でお得な世界を待っています。

以上、よろしくお願いいたします。

sponsoredlink

ビットコインを買うならCMで有名なコインチェック


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初心者におすすめの取引所
コインチェック




1 個のコメント

  • こんにちは(  ̄ー ̄)ノ!
    SPA!で貴サイトのことを知り、以来愛読させていただいております。画像のセンスが素晴らしいですね。
    さて、自分はもともとVISAやJCB,銀連などの国際ブランドネットワークに関心があり、加えてEdyを初めとする電子マネ―にも一時期相当はまってました。
    その流れで、仮想通貨とプリペイドVISAカードが組み合わされた頃から、仮想通貨にも注目しはじめ、XRPのXPOOLで、様々な電子マネーと仮想通貨、法定通貨がXRPによりネットワーク化される未来像を支持するようになりました。
    そこで特に、VISAやマスターのプリペイドカードやデビットカードとXRPの組み合わせに興味があります。
    現状、コンビニ等で国際ブランドのデビットカードのオンライン決済は、4秒はかからないですよね?Edyなどの電子マネー決済も同様です。もし、XRP決済のコンビニで使えるカードが出現しても、レジで4秒間、店員と客がジーっと待ってるシチュエーションは、想像しがたいです。
    ということは、コンビニのレジで使う用途には、XRPは不向きということでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です