PoIからわかるNEMの銀行業務との融和性

f:id:edindin:20170601214136p:plainf:id:edindin:20170705182651p:plain

いつもお世話になっております。

NEM(New Economy Movement)が採用しているPoI(Proof-of-Importance)という仕組みが銀行業務と抜群に相性が良い。

という記事を書きました。

Rippleの話を書いた直後にこれか!」という罵倒を受けそうですが、そもそもNEMRippleも実はかなり相性がいいです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

NEM(New Economy Movement)とは?

f:id:edindin:20170705183804p:plain

BitcoinProof of Workという方式で稼働しています。皆さんご存知、「電気代をより多くぶっこんだものが多く利益を得る」という方式です。

EthereumProof of Stakeという方式を採用しようとしています。この方式は「コインを多く持っている人ほど多く利益を得る」という方式です。

 

この2つは、突き詰めると「金を持っている人ほど沢山の金を得る」という資本主義の権化の様な仕組みなのです。

 

この問題を解決しようと発足した通貨がNew Economy Movement、通称NEMです。

NEMProof of Importanceという新しい方式を採用しています。この方式の優れたところは

「NEMを積極的に使う人が、利益を得られる」

となっているところです。(NEMではマイニングではなく、ハーベスティングといいます)

 

この仕組みにより、先程の「富める人がより豊かに」という問題を解決し、全てのネットワーク参加者に平等に機会を与えることに成功します。

 Proof of Importanceと銀行業務の融和性

 f:id:edindin:20170705192251p:plain

PoIという仕組みは

  • 持っているお金の量
  • 取引をした額
  • 取引をした人

 という3つの要素を組み合わせて報酬が支払われます。

つまり、沢山お金を持っていて沢山取引していて取引した先の人が更に色々な人と取引する。まさにどストライクな業界がありますよね?

 そうです。Rippleが「銀行同士の取引のために作られた通貨」だとするならば、NEM

「銀行とその顧客の取引のために作られた通貨」

なのです。

 NEMを銀行が使うとどうなる?

 f:id:edindin:20170705190701p:plain

 銀行はまず「人々にお金を貸し、利子を得る」のがメインの業務になります。 これをNEMで行うとどうなるのか考えましょう。

  1. 銀行はお金を貸すために沢山のNEMを所持(銀行のImportanceアップ)
  2. 沢山の顧客にNEMを融資(銀行と顧客のImportanceアップ)
  3. 顧客は借りたNEMを元に取引を実施(顧客のImportanceアップ)

という流れになります。

ここで重要なのは融資先である顧客のImportanceもアップしている」ということです。

そのため、

顧客がハーベスティングをしていたら顧客も利益が上がる

ということです。当然、

銀行も沢山の人々に融資すればするほどハーベスティングの報酬が増えます。

顧客はお金を借りて使っているだけなのに「円」で借りるより利益が増え、銀行は円で融資するよりも、実績に比例して利益が増えます。

この様に、経済を多く回している人・機関ほど利益を得るという仕組みになっています。

 結論

f:id:edindin:20170701204119p:plain

NEM(New Economy Movement)を使えば、行う業務内容は変わらないのに、今までよりも利益を上げやすい仕組みになります。

経済の仕組みを支える上でNEMは「円」より適した通貨であると私は思います。

そして何より、その経済を支えるためのコアである銀行の業務にNEMは非常に適しています。 

 この銀行業務の効率化という部分においては、Rippleと共通の要素ですが

その「適した業務の種類」がRippleNEMでは根本から違います。

 

Rippleは銀行の国際間取引が主役で、NEMは銀行の融資業務が主役です。 

 リップラーNemberが「自身の通貨の方が優れている!」と言い争うのは

「サッカーのほうが野球より優れたスポーツだ!」というようなトンチンカンな戦い

に私には見えてしまいます。フィールドもルールも違うのだから、そもそも比べようがありませんからね。

 

しかし、スポーツ同士とは違って両通貨はターゲットが異なるので「銀行が両方採用する」ということができます。

戦うことはできませんが、協力することはできますよ?

 

 以上、よろしくお願い致します。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin f:id:edindin:20170617023431p:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です