NEM(XEM)はまだ真価を発揮していないと考える理由

 f:id:edindin:20170601214136p:plainf:id:edindin:20170705182651p:plain

最近NEM(XEM)を買い増ししました。

NEM(XEM)は他の通貨と違う点として「Proof of Importance」(略称:PoI)というアルゴリズムを採用しています。そして私はこのPoIという仕組みをとても気に入っています。その理由と「PoI」は他のアルゴリズムとどう違うのかを将来性を含めて考えました。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

暗号通貨におけるアルゴリズムって何?

f:id:edindin:20170728210849p:plain

正直あまり日常生活では耳にしない単語ですよね。暗号通貨におけるアルゴリズムというのは「管理者のいないネットワークを維持させるための方式」と考えてください。

一般的にどんなものがあるかというと

  • Proof of Work(PoW):ビットコイン等で採用されている方式、コンピューターの演算能力が高い人ほど取引を承認できます。承認者には取引の手数料と新規マイニング分の報酬がもらえます。
  • Proof of Stake(PoS):イーサリアムで採用予定の方式、その通貨を沢山持っている人ほど取引を承認できます。ビットコインと同じく承認者は取引の手数料と新規マイニング分の報酬がもらえます。

そして、この2つの方式には問題点があります。

PoWではコンピューターの演算能力に依存しているため、メチャクチャ電力が消費されます。(噂によるとビットコインは一つのちっちゃい国くらいの消費電力だとか)

それは地球に優しくねえよなぁ・・・という事で注目されているのがPoSになるのですが、PoSではPoWに内在するもう一つの問題を解決できていません。

その問題というのがお金持ちに、ローリスクでお金が集まるという問題です。

お金持ちがお金を集めやすいと何がまずいの?

f:id:edindin:20170728220931p:plain

まず経済を考える上での前提として

貯金は悪である

という事を認識されているでしょうか?

「金は天下の回り物」と言いますように、お金を稼ぐのに使わない人がいると、使いたい人に供給される量の総量が減少するのでいわゆる不景気って奴になります。日本の経済でも

そして、仮想通貨においては国際通貨よりもお金の溜め込みは重大な問題です。何故なら発行上限が決まっているため、その人が稼ぎ続ける限りその人が一気に大量売却するリスクがどんどん上がっていきます。

売らなければ売らないで、どんどん市場に出回る枚数が減っていきますので通貨として決済するのに不便になっていくでしょう。 

ではどんな方式が効果的なのでしょうか?

f:id:edindin:20170712192532p:plain

そこで私はNEM(XEM)が独自に採用している「Proof of Importance」という仕組みをとても高く評価しています。

高く評価している理由の前に、「経済的に考えるとどんな方式がいいのか?」について考えましょう。

まず、PoW、PoSは「お金持ちに、お金が集まる」という方式です。お金を持っている人と持ってない人の差が開きやすく、経済が回りにくくなります。

しかし、逆に「貧乏なほど、お金が集まる」という方式にしてしまうと、努力に対する報酬が低下するため、これまた経済が回りにくくなります。

そこでNEM(XEM)は思いました。

f:id:edindin:20170728215440j:plain

金持ちを優遇しようが貧乏人を優遇しようが経済は回りにくくなります。

じゃあ経済を回したものに報酬を与えればいい

というのが富の再分配をコンセプトとしたNEM(XEM)「Proof of Importance」考え方です。他の通貨で現在NEM(XEM)以外にこの方式を採用している物は存在していません。(XRPは既に全部発行かつ手数料が報酬ではないため、別枠)

NEM(XEM)はスマートコントラクト、独自トークン発行、アポスティーユ(証明書発行)と機能も豊富で、処理能力を2000倍(4000tps)近くまで高める「カタパルト」というアップデートも控えています。しかも、NEM基軸の暗号通貨取引所も開設予定です。

まだNEM(XEM)はその真価を発揮していません。

f:id:edindin:20170728234346p:plain

本当にNEM(XEM)が評価されるのは、暗号通貨が世に認知され、実際の決済手段として普及し、PoS・PoWが経済的に非合理的であると気づいた時でしょう。

さらに、まだ暗号通貨は経済的な要素よりも、投機的な要素の方が強いので PoS・PoW等の「今儲かる方式」がしばらく主流でしょう。

NEM(XEM)も今は投資的要素が強い中でネットワークを維持するために、スーパーノード用の報酬を用意したりと、かなりPoSに近いシステムになってしまっています。しかし、XEMの価格上昇に合わせて手数料を調節した実績もあり、将来的にスーパーノードの報酬を撤廃し、投機から経済へスムーズにシフトしていくでしょう。

将来的に暗号通貨に経済的な流れが作り出された時こそNEM(XEM)の真価が発揮されると思います。

 結論

f:id:edindin:20170701011728p:plain

カタパルト、基軸取引所の情報と短期的な材料も揃っているため私は今回新たにポートフォリオにNEM(XEM)を加えました。

 XRPと同じで「コンセプトがしっかりしていて、開発も積極的」という部分は有象無象の暗号通貨が存在する中で強力な武器になると考えています。

 Nemberには美人も多いため皆さんも購入してみてはどうでしょう?

以上、よろしくお願い致します。

※今回の記事内で誤った認識、情報があった際にはご連絡をお願い致します。なる早で修正させていただこうと思います。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です